メキシコに投資する

本書では、メキシコが海外直接投資先として最適な国である理由から、メキシコへの投資をお考えの方に役立つ情報を提供しています。

新しい市場に参入するには、情報とガイダンスが必要です。この情報とガイダンスは、メキシコへの投資を検討しているビジネスパーソンや、すでに投資を決断している方を対象にしています。また、ビジネスを始めようとしているメキシコの起業家にとっても、意思決定を容易にし、今日のメキシコが提示する機会をより良く活用するための戦略を設計するための重要な情報を提供しているため、非常に有用なガイドとなっています。

メキシコは、世界的に見ても最も魅力的な海外投資先の一つです。国連貿易開発会議(UNCTAD)が今後3年間に世界で最も魅力的な投資先を選定したビジネス調査によると、メキシコは世界で8番目に魅力的な投資先となっています。

メキシコは、大西洋と太平洋という地球上で最も重要な2つの経済軸の中心に位置する戦略的に恵まれた地理的地域の一部です。メキシコは、46カ国と12億人の消費者にアクセスすることができる一連の貿易協定を結んでいます。太平洋同盟を通じて、メキシコは太平洋盆地の開発に戦略的に組み込まれています。

メキシコのもう一つの利点は人的資本です。メキシコは、生産年齢人口の割合が最大であることから、人口動態の独立性が歴史上最も高い時期を迎えています。また、毎年12万人の卒業生を輩出しており、世界で8番目に多い工学系の卒業生数を誇っています。また、国内市場は1億2,000万人を超え、世界レベルでは11位に位置しています。このような国の強みは、ビジネス開発に最適な環境を形成しています。

メキシコには、魅力的なビジネス環境、法的確実性、世界最大級の自由貿易協定のネットワーク、広く発展した経済分野、競争力の高いコストプロファイルがあります。信頼性の高い事業計画を立てるためには、投資先の活動に影響を与える規制面を考慮することが重要です。

メキシコに投資する人は、国内市場の規模と特性からビジネスを行う機会に恵まれていますが、メキシコの競争力のある商業インフラを活用して、メキシコで作られた製品を世界に持ち出し、大きなメリットを持つ国際的なビジネスを確立することもできます。

メキシコでは政府が最大のバイヤーの一人であるため、メキシコで事業を行うことを決めた人にとっては、様々な政府機関や団体へのサプライヤーになることは非常に魅力的なことです。

このガイドでは、メキシコが外国直接投資(FDI)に最適な投資先である理由から、国内市場への参加方法、メキシコの対外貿易、政府調達、さらにはメキシコで事業を設立する際に考慮すべき法的枠組みの側面まで、メキシコへの投資を検討されている方に役立つ情報を提供します。また、メキシコ政府が投資家に提供している様々な支援、インセンティブ、資金調達メカニズムの概要も含まれています。

30年前、メキシコは国際貿易の自由化と投資の流れの誘致を重視し、経済開放の拡大に向けた道を歩み始めました。この間、世界で最も重要な経済国のいくつかと自由貿易協定が締結されました。また、一貫した堅実で安定したマクロ経済の枠組みが達成され、国内外の企業の投資決定に確実性がもたらされました。